WEBコンテンツのルール

日本において、2012年7月に導入された、パンダアップデートは、ウェブサイトのコンテンツ内容の品質を評価し、品質の低いコンテンツ、もしくは、品質の薄いコンテンツなどを見極めることによって、そのウェブサイト自体の評価を落としたり、ペナルティを与えたりする、アルゴリズムであるなどと言われています。ウェブサイト運営の中で、低品質なコンテンツとは、一体どのようなことを表しているのでしょうか。実際には、他のサイトと大変似通っている、もしくは、オリジナリティが低く、実際に、テキストに目を通してみると、内容などは、全くなく、ただの文字の羅列であったり、他の人気サイトから、コンテンツをコピーし、一部分に改良を加えたものであったりするようなケースを言うようです。 実際に、パンドアップデートから、ペナルティを受けてしまったサイトにも、解除法があるようなのですが、何よりも低品質なコンテンツの質を改善させることが重要とされるでしょう。実際に、他のサイトから、複製としてテキストをコピーしたりすることは、著作権の侵害などに値し、罰せられることです。他のサイトに、掲載されているテキストの文面などを引用したい場合は、引用文であるというような形で、きちんとしたルールに則った、掲載を行わなくてはならないでしょう。現在のところ、そのような悪質なルール違反を伴った、 Web サイト制作や運営は、なかなか撲滅することは、難しいようなのですが、実際に、携わる皆さんの心構えとして、大切な権利を守っていくためにも、きちんとした運営の出来る管理者であることは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です