SEO内部対策の神髄

SEO内部対策の神髄とは、価値のあるページを作成しコンテンツの内容を検索エンジンにわかりやすくつたえることです。

つまり 、質が高い=価値があることが前提で、その内容を検索エンジンが
理解しやすい文章へと改善することで、競合ページと差を付けることがで
きるのです。
しかしながら、人間でも文意を読み解くことが少し難しい小説のようなものなら尚さら 、検索エンジンが理解することは至難の業でしょう 。 最近では、世界的にもコンテンツSEOという言葉が独り歩きしているような感がありますが、実際にコンテンツSEOというその意図を汲み取って施策できている方は、非常に少ないようです。
ここで、価値あるページか否かは、その分野での専門知識やノウハウなどを指しますが、それをいかに上手に伝えるかが大きなハードルとなっています。
例えば、人間の世界でも、題目のない文章においては、何のことについて
書いてあるのか繰り返し読まないと意図が理解しづらいのと同様に、hl や
h2 などの見出しタグがないと、検索エンジンも その内容を ひと目で理解
することはとても難しいのです。何を訴えたいのかという判断ができない
可能性もあります。
つまり、理解させるための工夫が必要となるのです。
これこそが、内部対策の神髄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です