SEOに不利なサイト

通常のホームページでは問題なくても、 SEOの視点から見て「できれば 避けた方がいい」ということも存在します。 HTMLソースを見ると、JavaScript(ジャバスクリプト)と呼ばれる簡易なプログラム言語で記述されたプログラムを時々見かけることがあります。JavaScript は便利なため、ホームページ作成の上級者の中にはJavaScriptでホームページを移動させるような作りにする人が少なくありませんが、SEOの観点からはあまりお勧めできません。 Google ロボットは基礎的なHTML文法に則っていて、JavaScriptのような複雑なプログラムは一般に理解できません。JavaScriptでのホームページ 移動は、できるだけ利用しないのが無難です。また、サイトのデザイン性を重視した場合、フォントの種類やサイズを指定す る感覚で画像を多用したいケースは多くあります。しかし、ロボットは画 像に書かれている文字は一切認識しません。このようなデザインと SEO対 策とのジレンマは常に発生する問題です。 画像を利用した場合でも ALT属性に適切な言葉を設定することである程 度の対策は可能ですが、キーワードに関して文字を大きくしたりボ ールド(太字)にしたりという文字強調ができないのが欠点となります。 他にも、ベル・アンド・ホイッスルと呼ばれるものも存在します。これは本質的ではない追加物のことで、あまり意味の無いフラッシュ 画像やアニメーションGIF 画像を多用してホームページを飾り立てることはやめましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です