まとめページの作り方

まとめページをアクセスのきっかけに
SEO対策でまとめページをホ ームページに取り入れると、利用者を呼び込む導線として機能してくれる可能性があります。その理由は、世の中には同じようなことに興味を持っている人がいて、そうした人たちが検索エンジンなどを通じであなたの作ったまとめページにアクセスしてくれるかもしれないからです。 また、情報がしっかりまとまったページへは、 他のページからも リンクされやすい傾向がありますのでSEO対策としてもいいでしょう。 「情報を発信したほうが人が集まる」ということはすでに述べましたが、まとめページはその最たるものといえるでしょう 。

SEO対策としてのまとめページの作り方には、情報が見やすく整理されていれば、特にルールや形式があるわけではありません。 自分が調べたり、興味があったりした情報を、自分にわかりやすく整理してページを構成すればそれでいいのです。わかりやすいページ構成や整理の仕方は、いろいろなまとめページを見て、参考にしてみるのもよいでしょう 。注意すべき点としては、「全ての情報をまとめ終わってからページを公開しよう」とは思わないことです。つまり、情報収集の途中であっても、現在わかっていることをまとめて、公開してしまってもよい、ということです。情報収集というものはきりがないので、全ての情報を集めてから公開しようと考えると、いつまでたってもそのページを公開することができなくなってしまいます。もちろん公開する際には、そのページが現在まだまだ発展途上であるという断りは入れておいたほうがいいでしょう。