検索サイト

インターネット上にあるサイトの中で、自身の目的に合ったページを検索するためのサイトを「検索サイト」または「検索エンジン」と呼んでいます。ここで使用される検索方法は「ロボット型」と「ディレクトリ型」という2種類の方法があるとされ、ロボット型では「クローラー」と呼ばれるロボットがウェブ上の各ページを回りながら情報を収集し、その情報をデータ化したものを対象として検索が行なわれるというものでしょう。ディレクトリ型は、人によって細分化されたカテゴリのリンク集というものでしょう。現代ではほとんどのポータルサイトに検索機能があり、反対に、どの検索サイトもポータルサイト化している傾向と言えるでしょう。検索サイトやポータルサイトというのは、売り上げのほとんどが広告収入とされており、できるだけたくさんの閲覧者を獲得することによって多く収入を得られるのようになっているというのが一般的な構造と言えるでしょう。つまり、大手と呼ばれる検索サイトやポータルサイトは、閲覧者を増やすためのコンテンツを一層充実させる他、閲覧者によるページカスタマイズ、ブラウザ機能の拡張を可能にする独自のツールバー設置、閲覧者同士がコミュニケションを取れるような独自のツールやアプリケーションなどを展開しているようです。また、個人や企業の運営しているサイトを、検索サイトで上位に表示するための手法は「SEO」と呼ばれ、現在では多くの会社や企業が対策に力を注いでいると言われています。ホームページ作成の際は是非、この「SEO」も視野に入れながら進めていくと、今後の運営に関わる重要なポイントになるのではないでしょうか。

「WEBマーケター大瀧 直樹のSEO対策とは★」サイトトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です