不正なリダイレクト

不正なリダイレクトはmetaタグのrefreshを使ったスパム行為で、正しい使い方は、「○○のホームページは移転しました。」「○○秒後に新しいホームページに移転します。」といった使い方なのですが、それをSEO対策に悪用するのです。検索サイトのクローラーに対してはSEO対策済みのページを読み込ませて検索結果で上位に掲載させます。来訪者に対しては、アクセスした瞬間(0秒など)に別のページをリダイレクトして表示させるというものです。JavaScriptを使っても同様のスパム行為が可能です。全てのリダイレクトがスパム行為となるわけではなく、正しい使い方の場合は問題ありません。念のため転送時間を10秒にしてみたり、リダイレクトの前後でページの内容がほとんど同じ場合にのみ使うのが安全でしょう。それでも心配な方は旧ページに新ページのURLを掲載し、来訪者には通常のリンクで新ページに移動してもらえば100%安全です。0秒で転送する悪質なソースの記述例として、

<meta http-equiv=”Refresh”content=”0;url=example.html> がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です