ユーザーのニーズに応える様々な検索結果

 ここ数年でGoogleの検索結果には様々な表示要素が増え続けています。よく見かける3つの検索結果をご紹介します。
まず、人名やキャラクター名等では画像検索結果や動画検索結果がでることがあり、そういったWebページだけでなく様々な結果がブレンドして表示されることをユニバーサル検索と呼んでいます。
次に、検索結果の下に関連した文字が表示される、概要のようなものをサイトリンクと呼んでいます。これはユーザーのためになるとGoogleが判断した場合のみ、自動的に選ばれて表示されます。確かではありませんが、クリック率の高いリンクが自動的に選ばれている印象です。
最後に、「モノ」についてユーザーが必要と思われる属性情報を表示するものであるナレッジグラフです。そこで表示されている枠をナレッジパネルと呼びます。これら3つはどれもサイト運営者が決めたり選んだりすることはできなくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です