ユーザビリティとSEO

 ユーザビリティ向上のためのSEOとしては、次のような施策が挙げられます。すなわち、コンテンツの改善、適切なHTML、表示スピードの向上、モバイルフレンドリー、SSL等々です。これらはユーザーを満足させると共に、ユーザーの意識を重視している検索エンジンの評価を上げることにもなります。ユーザーにとって利用し易いサイトにするには、こうした細かなテクニックに加えて、情報収集に適したコンテンツを豊富に揃えるのも効果的です。また、言うまでもありませんが、基本的なSEOも、結果的にユーザーの利益に繋がります。例えば、タイトルタグの整備、キーワードの適切な配置、URLと内部リンクの整理、見出しタグのマークアップ等は、流行している施策に加えて行うように心掛けます。

 さて、外部対策はSEOにおいて重要な施策ですが、効果的なリンク付けを実践できている業者はそれほど多くありません。仕組みは単純で、外部のサイトに言及してもらうことで、検索エンジンに信用してもらうわけですが、適当にリンク付けするだけでは効果的とは言えないのです。スキルの低い技術者は、外部サイトのレベルの測り方を知りません。質の高い外部サイトとは、当該サイトと深く関連していること、専門性を有していること、リンク元として重要な情報であること、科学的根拠等の権威性があること、といった特徴があります。これらを踏まえてサテライトサイトを製作すると、より効果的な外部対策が望めるのです。

 グーグルのアルゴリズムは日々進化していますから、コンテンツの質を瞬時に判断してしまいます。つまりサテライトサイトの出来は、相当良くなければ使い物にならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です