「折りたたみコンテンツ」と「ユーザー心理」

「折りたたみコンテンツ」とは、 Web サイトのページ内容の一部分を、折りたたむような形で、コンパクトに表示するテクニックのことを言うようです。実際に、多くのユーザーたちは、様々な情報を、ざっくりと知りたい、ざっくりと読みたいというような、ニーズをもっているようなのです。そのような多くのネットユーザーの要望を叶えるには、この折りたたみコンテンツは、有効に使えそうです。サイト上に、多くの情報が掲載されていることにメリットがあることもあるかもしれませんが、実際に多くの事柄や情報が表示されることによって、実際に何を主体にしていたサイトであるのかが不明確になってしまったり、サイト内の居場所を迷ってしまったり、サイト内で迷子になってしまうことから、そのような状況に陥ると、そのままコンテンツを離脱などの傾向も見られているようです。不要なものは表示しないというような形で、最近は、シンプルな Web コンテンツというものが、ユーザーたちの間に実際に求められている傾向もあるようです。このような形で、ユーザー側からの Web サイトへのニーズを読み解くことは、 SEO などの観点からも重要とされ、多くの方に部サイトなどにも、ユーザーからの意見を参考に、改良が加えられているようです。ユーザビリティなどとも言われているユーザー視点での物事の改良は、ネット社会などにおいては、大変価値のあるものではないでしょうか 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です