SEO対策とは

現在インターネット上でもっとも利用されているサービスは、電 子メールです。多くの人がパソコンはもちろん携帯電話を使って仕 事やプライベー トでたくさんメールを利用しています。では、イ ン ターネッ トで 2番目に利用 されているサービスは何か? それが検索エンジン(検索サービス)です。検索サービスというのは、キーワードを入力して検索すると、そ のキーワ ード に合致したウ ェブページをインタ ーネ ッ ト上にある数 百億ものページの中から瞬時に探し出してくれるサービスです。 Yahoo! やGoogle とい った検索サービスは よくご存じでしょ う。例え ばバレンタインデーに手作りチョコを作 りたい時、キーワ ードに「チョコレ ート 作り方」と指定して検索をかけると、チョコレー トの作 り方を開設したウェブページが一覧表示されます。

インターネットの普及により、検索サービスを利用すれば、ありとあらゆる情報が見つけられるようになりました。00を安く売っ ているお庖を探したい、明日のプレゼン用資料に使う写真がほしい、 いま映画に出ている女優は誰だろっ? こんな日常生活の中で出て くる疑問や興味、ニーズをもとに、キーワードを入力するだけで瞬 時に情報が手に入ります。実際、インタ ーネ ッ ト白書によると 、お よそ 8割のユーザーがウェブサイトへのアクセスに検索エンジンを利用しているという調査結果が出ています。
特に日本国内では、光ファイパーやADSL といった超高速ブロードバ ンド接続の普及や、 PC、携帯電話などの端末の低価格化と一般家庭へ の浸透により、時間や料金をあまり気にせずにインターネットにアクセ スできることから、日々24 時間、頻繁に利用されています。

検索エンジンは、私たち消費者の購買行動をも大きく変えたサ ービスです。電通が提唱したAlSASアイサスという新しい言葉 は、それぞれ A= Attentio n (注意 )、I= Interest (興味 )、S= Search (検索)、 A= Action (購買行動)、S= Share(共有)という今日の消費者行動の特性を端的に表した概念ですが、私たちは何かほしいものがあった時、その情報を得るために雑誌や本を買ったりカタログを手に入れるのではなく、「検索」をするのです。

例えば調査では、国内 ・海外旅行の 計画時に検索エ ンジンを利用するユーザーは86% 、電子機器や家 電購入時で74%という調査結果が出てい ます。

このように、インターネット検索 サービスはショッピングにお ける起点となる存在になっており、企業はインターネット上で事業 を展開する 以上、 検索エンジン対策は避けて通れない、必須の状況 にあるといえるでしょう 。検索エンジンで見つからない企業は、 この世に存在しないといっても過言ではないのです。この検索サービスでキーワードに最適化したWEBサイトを表示する施策をSEO対策といいます。

まとめページとSEO

まとめページとは特定のテーマの情報を集めたもので、様々なテーマのまとめページが存在します。より規模の大きなまとめサイトもあります。まとめページとは、ある特定の情報について、ウェブ上の情報を中心に、集められる情報をできる限り収集してそれをまとめて公開 したページのことです。 ここで言うまとめページは、単に情報へのリンクにと
どまらず、集めた情報を整理したり、重要な部分をまとめて記述したものも含む、その特定の情報に関する現在の状況や知りうる情報が、そのページを見るだけである程度把握できるようなものも含んでいます。自分が興味があったり、調べたりした情報は積極的に公開したほうがよいが、さらに一歩進んで、それを整理してまとめページとする ことでより注目を集め、アクセスアップにつなげるこ とができます。こういったまとめページから被リンクを得ることでSEO対策の外部対策になります。SEOの順位が飛躍的に上がるでしょう。
まとめる情報はどのようなものでも良いです。「特定の情報」には、自分の興味のある物事や話題となったニュース、
さらにはブログや掲示板を中心に行われた議論なども含まれます。つま り「ECサイトに役立つ書籍に関するまとめページ」や「ある料理の調味料に関するまとめページ」といった特定の趣味や仕事に関するもの。「とあるサッカー選手の引退に関するまとめページ」 や「特定の大津波に関するまとめページ」といったニュースに関する情報をまとめたもの。さらには「最近ブログでよく言及される敬語の使い方についてのまとめ」や「掲示板上で交わされた議論のまとめ」といった、ウェブ 上の議論をまとめたものなど、様々なテーマが考えられます。こういったサイトをキュレ‐ションサイトといい、最近SEO対策で成功している種類のサイトです。

おすすめ:格安SEOのご相談は、東京SEOメーカーまで。

マーケティングの分類とSEO対策

「お客様のニーズ」を紐解きながら、マーケティング戦略における「分類」に注目してみましょう。A社のミキサーを購入したお客様の口コミやコメント欄を読み込んでいくと、「離乳食」「介護食」「スープ」「ホットスムージー」などのワードをみつける事で、A社のミキサーの機能性のうちから「耐熱性」が、特化してお客様のニーズに応えているのだという推測ができた際には、SEO対策の上でも、そのキーワードとして、「ミキサー 耐熱」「ミキサー ホットスムージー」「ミキサー 温かい調理」などのフレーズが同時に浮かんでくるはずです。ですが、1つのキーワードを引きだせた時点で市場調査を引きさがっては、宝の山を見逃している事になりかねません。お客様の口コミやコメント欄は、マーケティングや、SEO対策においては、宝の山であると思って、穴があくほど読み込んでみて下さい。今回は、A社のミキサーという架空の設定を設けていますので、例題としてお話していますが、実物のお客様の口コミやコメントには、「リアル」が存在しています。そのお客様の背景を読み解くようにその生活ぶりや人物像をイメージしていきましょう。A社のミキサーの口コミ欄を読み込んでいきますと、「耐熱性」を評価するコメントの他に、「パーツ」「分解」や「お掃除」というワードが出てきたとします。このようなワードこそが、お客様の「ニーズ」に辿りつく為の「鍵」を握っているのです。何人かのお客様は、A社のミキサーの「耐熱性」に惹かれて購入しているようですが、その他の「分類」のお客様はA社のミキサーの「パーツを分解できる機能」「お掃除の手軽さ」を評価して購入している事が読み取れるかもしれないのです。大部分のお客様が、A社のミキサーの「耐熱性」に惹かれている中、少数派の意見として「お掃除のしやすさ」などの評価をあげている点をみつけ出す事もマーケティング戦略の中では大切な試みです。SEO対策の中でも、新たなキーワードとして「ミキサー 分解可能」「ミキサー お掃除」などといった、新たなお客様層を見つけ出すきっかけとも成り得るのです。このようなマーケティングプロセスの中で、SEOキーワードをみていきますと、「ミキサー 耐熱性」は、ビッグワードとして、「ミキサー 分解可能」「ミキサー お掃除」などは、ミドルワード、もしくはスモールワードとして「分類」されます。マーケティングやSEO対策の中では、お客様を「分類」「区分」する事によって、様々な戦略を築く可能性を広げる事ができるのです。

検索順位をすばやくチェックする方法

短時間ですばやくチェックする方法をマスターしましょう。ポイントは3つあります。

1つ目のポイントは、10件ずつ表示される検索結果ページを100件ずつ表示できるように設定を変更することです。キーワードを入力する検索ボックスの横に、Yahoo!であれば「条件を指定して検索」、Googleであれば「表示設定」というリンクがあるので、これをクリックして100件表示に切り替えてください。この設定をした後、キーワードで検索してみましょう。100件の検索結果が表示されることを確認してください。

2つ目のポイントは、検索結果に国位の番号を表示させることです。1ページに100件もあったら何番目なのかを数えるだけでもたいへんです。しかし、残念ながらYahoo!やGoogleの標準機能に検索結果の順位番号を表示する設定はありません。そこで、検索結果に順位番号を表示させる無料ツールを使いましょう。以下のページにアクセスしてインストールしてください。

3つ目のポイントは、100件表示された検索結果ページの中で対象ページがどこにあるのか(またはないのか)をすばやく探す方法です。これにはWebブ、ラウザのページ内検索を使います。検索結果のそれぞれには必ずページのアドレスが表示されています。これを検索するのです。[ctrl]キーを押合しながら因キーを押すと検索ボックスが現れますので、対象ページのアドてンレスのうち、[http://」を際Fだ室部まで百=部をボックスに入れて検索して方ででださい。もしページ内に見つかればそこまで自動的にスクロールして表示されます。そこで順位番号が69であれば69位ということです。もし見つからなければ100位以内に表示されていないということです。